月別アーカイブ: 11月 2016

まずは借金に関する弁護士相談を行う

少しでも早く借金を返済したいからと、いきなり債務整理をしたいと弁護士に相談する人もいるのですが、まずは借金についての現状を相談をすることが先決です。それからどのように対策を練っていくのかを決めるので、まずは現在の借金がどれだけあるのかを弁護士に報告するようになります。

他にも借金をしてどれぐらいの年月が経過しているのか、どこの業者から借金をしているのか、借金をしているのは1社だけなのかなど、詳しい情報を提供して、本当に借金を返済する意思と能力があるのかも見極めないといけません。さらには返済の督促状が届いているのか、返済を促す電話がくるのかという点も大切になります。

このようにいろいろな点を知っておかないと、弁護士もいきなり債務整理を行うことはできません。また、弁護士によってはいろいろとアドバイスをしてくれることもあるので、多くの弁護士事務所で用いられている無料相談を有効的に活用することが重要です。それから任意整理を行うのか、個人再生を行うのかなどを決めていくようになります。

過払い金の返還請求を行う

お金を借りるときには利子が発生するのですが、利子というのは借りたお金に対して、利息を足した金額を返済することです。しかし、利子に関する法律が2つ存在しているため、片方の法律には違反していても、もう片方の法律には違反していないというグレーゾーンが存在しているのです。

そんなグレーゾーンの存在が利用者を混乱させていることも事実なので、民主党政権時に廃止され、1つに統一されました。これによって過払い金の請求を無くそうとしたのですが、自民党政権に戻った途端に元の状態に戻してしまったため、また過払い金が発生する事態となっています。このような厄介な状態になっていることから、過払い金請求が可能なのか不明だという人も多いでしょう。

そんなときには債務整理に詳しい弁護士に相談をしてみるのが最もよい方法です。特に債務整理に関して詳しい弁護士に相談をすることで、過払い金請求が可能なのかがわかるでしょう。できるだけ詳細を詳しく伝えることが重要です。

債務整理の重要な点4つのポイント

債務整理の依頼をするときには、まず問い合わせをして相談内容を伝えます。次に事務所まで来る日時を決めます。事務所に着いたら詳しく相談に乗ってもらうのですが、債務整理の場合には主に4点を重要視します。その4点というのは、

  • 借金がどれぐらいあるのか
  • いつ頃から借金をしているのか
  • いくつの業者から借金をしているのか
  • 現在の収入

です。

借金がどれだけあるのかによって、債務整理の方法も変わってくるので、正直に弁護士へ伝えましょう。いつ頃から借金をしているのかによって、過払い金請求などができる場合もあります。また、複数の業者から借金をしている場合には、一本化するという対策が取れるので、自転車操業になっていたとしてもきちんと伝えるべきです。

そして現在の収入によって、返済していくことが可能なのかが決まります。この4点をきちんと確かめない弁護士は、信頼できないか知識に乏しい可能性があります。

債務整理の依頼方法

法律事務所まで債務整理の依頼を行った場合には、詳しい内容をお知らせいただき、それから委任契約書を作成していただくのですが、詳しい書き方などは担当の弁護士から説明があるので安心してください。その後債務者に対して通知書を発送する形になるのですが、この後は弁護士と業者側との間で交渉を行うことになります。

よって依頼者は交渉に参加する必要はありません。この交渉で全てが決まってしまうと言っても過言ではないので、ここで弁護士の力量が試されるのです。知識や交渉力のない弁護士では、業者側と的確で依頼者が納得するような結果が出せません。債務整理に強い弁護士とよく相談して納得がいく方向へ進む必要があります。

債務整理に強い弁護士は、今までにも数多くの交渉をこなしてきた実績もあり、依頼者から満足してもらえるような結果も出しているので、安心して任せられます。任意整理の場合には比較的簡単な手続きのみで済ませられるのですが、民事再生や個人再生、自己破産の場合には、いろいろな書類の作成を行う必要があります。

債務整理の最終手段は自己破産の道とは?メリット

任意整理や民事再生、個人再生でも債務整理で借金を何とかするのが厳しいという場合には、最終手段として自己破産という手段を取ることになります。自己破産はどれだけ借金があっても関係ありませんので、確実に借金を無くすことが可能です。ただし、その分ペナルティもあるので、最終手段と考えておきましょう。

法律事務所でも、安易に自己破産をすすめるようなことはしておらず、最善を尽くして最終手段として用いる方法です。ただし、自己破産はデメリットだけというわけではなく、きちんとメリットもあるので安心してほしいと思います。では、どのようなメリットがあるのか紹介させていただきます。

先ほども触れたように、どれだけ借金があっても問題はありません。また、差し押さえなどの処置もできなくなります。そして生活していくのに必要最低限の財産は残すことが可能です。ただし、事前にデメリットに関する説明も行い、どのように乗り越えていくべきなのかを検討してから手続きを行います。

債務整理は弁護士相談が重要

債務整理を行いたいと思っても、個人で行えるという人は殆どないので、まずは弁護士に相談するようになります。しかし、弁護士によって債務整理に関する知識に乏しい人もいるので、できる限り債務整理に関して知識が豊富な人が所属している法律事務所を探すことが重要になります。

債務整理、自己破産に詳しい弁護士に相談するのが重要です。依頼したい法律事務所が見つかったら、いきなり事務所まで行くのではなく、まずは問い合わせをしてみることが重要です。それから事務所に行って相談をするべきなのですが、なぜ最初に問い合わせをする必要があるのでしょうか。

それは債務整理に関する知識があるのかどうか、さらにはきちんと対応してくれるのかを見極めるために行う必要があります。素人にもわかりやすいように丁寧に回答をしてくれれば問題ないでしょう。もし連絡したいときに営業時間が過ぎていた場合には、メールで問い合わせをしてみるとよいでしょう。

任意整理では対応できなくなる可能性

法律事務所まで債務整理の相談を行った場合には、まず現在の状況を確認します。まだそれほど借金の金額が多いというわけでなければ、通常は任意整理という方法を選択して対策を行うのですが、任意整理というのは債務整理の中でも最もメリットが多く、デメリットが少ない方法だと言えるでしょう。

ただし、借金の金額が増えてしまうと、任意整理では対応できなくなる可能性もあるので、このような場合には別の方法で対策を行います。任意整理というのは、基本的にグレーゾーン金利の減免や過払い金の回収を行うのですが、以前法改正でグレーゾーンがなくなったので、その後は過払い金の回収を行うことは少なくなりました。

しかし、現在ではまた上限金利の引き上げなどと言った悪政が行われたため、過払い金が発生する可能性もありますし、さらに借金の返済が難しくなる可能性が高いので、できるだけ早く信頼できる弁護士に相談することが、債務整理を楽にする方法だと言えるでしょう。

民事再生と個人再生とは?

債務整理というのは通常初めに任意整理という方法で借金を返済しやすく対策を練るのですが、借金が多すぎる場合などは、任意整理では十分な対策ができない場合もあります。法律事務所まで債務整理の依頼をした場合、借金が多すぎて任意整理では対策が難しいときには、どのような方法で債務整理を行うのでしょうか。

それは民事再生や個人再生という方法で対策を行うことができるので、安心して問題ありません。民事再生と個人再生というのは、手続きの方法が異なっているだけで、基本的には同じ方法となっています。比較的借金の額が大きくて心配、複数の業者から借金をしているから心配という人であっても、民事再生や個人再生なら対応できるでしょう。

債務整理をスムーズに行う方法は、できる限り早めに対策を練るということです。また、個人に比べて法人の場合には、かなり借金が増えてしまうこともあるのですが、法人であっても民事再生や個人再生はとても有効的な方法だと言えるでしょう。

債務整理にかかる費用

通常債務整理を行おうとしている人は、借金が返済できずに困っているので、一切余分な資金などはありません。しかし、債務整理を行うのにも当然お金がかかってしまいます。よって債務整理の依頼を行おうとしている人が最も気にかけるのが、依頼したときにどれぐらいの費用が必要になるのかという点でしょう。

法律事務所によっては料金形態を明確にしておらず、債務整理を行ってから料金のことを話すような弁護士も少なからず存在しています。ただこのようなやり方をしていると、当然信頼を失ってしまうので、法律事務所では、事前に料金についての説明をきちんと行います。

ホームページにも料金のことを明確に記してあるので、よく読んでから依頼するとよいでしょう。わからない点は事前に聞いておくべきです。法律事務所では、基本的に相談料は無料になっているので、着手金と成功報酬、事務手数料が必要になります。債務整理の方法によっては、着手金が必要ない場合もあります。

債務整理は法人相談もある

債務整理を行う場合には、個人だけではなく、法人からも相談を受けることがあります。法人の場合には比較的きちんと計画を立てていることが多いので、ある程度早めに対策を練ることが可能になっているのですが、個人の場合にはある程度借金が多くなってから相談をしてくる人が多いという特徴があります。

債務整理というのは、できる限り早めに相談してもらうことで対策が練りやすくなっているため、ある程度借金が膨らむ前に相談することをおすすめします。では、どのようなタイミングでの相談がベストなのかというと、しっかりと立てていた計画が狂ってしまい、借金の返済が難しくなったと判断したときです。

例えば会社が倒産した、ボーナスが支給されなくなったなどという場合です。横浜にも多数の会社があるので、個人だけではなく法人からの相談も、法律事務所まで相談に来ることが多いのですが、早く相談に来た人は任意整理でも十分解決できています。少し遅れたとしても対策はあるので、それほど心配する必要はありませんが、早い方が簡単に解決できます。