債務整理の最終手段は自己破産の道とは?メリット

任意整理や民事再生、個人再生でも債務整理で借金を何とかするのが厳しいという場合には、最終手段として自己破産という手段を取ることになります。自己破産はどれだけ借金があっても関係ありませんので、確実に借金を無くすことが可能です。ただし、その分ペナルティもあるので、最終手段と考えておきましょう。

法律事務所でも、安易に自己破産をすすめるようなことはしておらず、最善を尽くして最終手段として用いる方法です。ただし、自己破産はデメリットだけというわけではなく、きちんとメリットもあるので安心してほしいと思います。では、どのようなメリットがあるのか紹介させていただきます。

先ほども触れたように、どれだけ借金があっても問題はありません。また、差し押さえなどの処置もできなくなります。そして生活していくのに必要最低限の財産は残すことが可能です。ただし、事前にデメリットに関する説明も行い、どのように乗り越えていくべきなのかを検討してから手続きを行います。

債務整理は弁護士相談が重要

債務整理を行いたいと思っても、個人で行えるという人は殆どないので、まずは弁護士に相談するようになります。しかし、弁護士によって債務整理に関する知識に乏しい人もいるので、できる限り債務整理に関して知識が豊富な人が所属している法律事務所を探すことが重要になります。

債務整理、自己破産に詳しい弁護士に相談するのが重要です。依頼したい法律事務所が見つかったら、いきなり事務所まで行くのではなく、まずは問い合わせをしてみることが重要です。それから事務所に行って相談をするべきなのですが、なぜ最初に問い合わせをする必要があるのでしょうか。

それは債務整理に関する知識があるのかどうか、さらにはきちんと対応してくれるのかを見極めるために行う必要があります。素人にもわかりやすいように丁寧に回答をしてくれれば問題ないでしょう。もし連絡したいときに営業時間が過ぎていた場合には、メールで問い合わせをしてみるとよいでしょう。