任意整理では対応できなくなる可能性

法律事務所まで債務整理の相談を行った場合には、まず現在の状況を確認します。まだそれほど借金の金額が多いというわけでなければ、通常は任意整理という方法を選択して対策を行うのですが、任意整理というのは債務整理の中でも最もメリットが多く、デメリットが少ない方法だと言えるでしょう。

ただし、借金の金額が増えてしまうと、任意整理では対応できなくなる可能性もあるので、このような場合には別の方法で対策を行います。任意整理というのは、基本的にグレーゾーン金利の減免や過払い金の回収を行うのですが、以前法改正でグレーゾーンがなくなったので、その後は過払い金の回収を行うことは少なくなりました。

しかし、現在ではまた上限金利の引き上げなどと言った悪政が行われたため、過払い金が発生する可能性もありますし、さらに借金の返済が難しくなる可能性が高いので、できるだけ早く信頼できる弁護士に相談することが、債務整理を楽にする方法だと言えるでしょう。

民事再生と個人再生とは?

債務整理というのは通常初めに任意整理という方法で借金を返済しやすく対策を練るのですが、借金が多すぎる場合などは、任意整理では十分な対策ができない場合もあります。法律事務所まで債務整理の依頼をした場合、借金が多すぎて任意整理では対策が難しいときには、どのような方法で債務整理を行うのでしょうか。

それは民事再生や個人再生という方法で対策を行うことができるので、安心して問題ありません。民事再生と個人再生というのは、手続きの方法が異なっているだけで、基本的には同じ方法となっています。比較的借金の額が大きくて心配、複数の業者から借金をしているから心配という人であっても、民事再生や個人再生なら対応できるでしょう。

債務整理をスムーズに行う方法は、できる限り早めに対策を練るということです。また、個人に比べて法人の場合には、かなり借金が増えてしまうこともあるのですが、法人であっても民事再生や個人再生はとても有効的な方法だと言えるでしょう。