債務整理にかかる費用

通常債務整理を行おうとしている人は、借金が返済できずに困っているので、一切余分な資金などはありません。しかし、債務整理を行うのにも当然お金がかかってしまいます。よって債務整理の依頼を行おうとしている人が最も気にかけるのが、依頼したときにどれぐらいの費用が必要になるのかという点でしょう。

法律事務所によっては料金形態を明確にしておらず、債務整理を行ってから料金のことを話すような弁護士も少なからず存在しています。ただこのようなやり方をしていると、当然信頼を失ってしまうので、法律事務所では、事前に料金についての説明をきちんと行います。

ホームページにも料金のことを明確に記してあるので、よく読んでから依頼するとよいでしょう。わからない点は事前に聞いておくべきです。法律事務所では、基本的に相談料は無料になっているので、着手金と成功報酬、事務手数料が必要になります。債務整理の方法によっては、着手金が必要ない場合もあります。

債務整理は法人相談もある

債務整理を行う場合には、個人だけではなく、法人からも相談を受けることがあります。法人の場合には比較的きちんと計画を立てていることが多いので、ある程度早めに対策を練ることが可能になっているのですが、個人の場合にはある程度借金が多くなってから相談をしてくる人が多いという特徴があります。

債務整理というのは、できる限り早めに相談してもらうことで対策が練りやすくなっているため、ある程度借金が膨らむ前に相談することをおすすめします。では、どのようなタイミングでの相談がベストなのかというと、しっかりと立てていた計画が狂ってしまい、借金の返済が難しくなったと判断したときです。

例えば会社が倒産した、ボーナスが支給されなくなったなどという場合です。横浜にも多数の会社があるので、個人だけではなく法人からの相談も、法律事務所まで相談に来ることが多いのですが、早く相談に来た人は任意整理でも十分解決できています。少し遅れたとしても対策はあるので、それほど心配する必要はありませんが、早い方が簡単に解決できます。